記事公開日:
カテゴリー:パソコン 結之介の趣味
1台目はBTOパソコンの老舗Gateway。
1999年1月10日頃、購入。スペック等、詳細不明。
オムロンの「楽々中国語」(当時は違う名称だったような・・・)のソフトを知って
中国語学習がはかどるかもと思いパソコン購入を決意。

大手メーカー品によりは安価なBTOパソコンに最初から手を付けてみました。
安いと云っても当時、中クラスの標準装備で20万以上したように記憶しております。
確かクレジットカードのローン枠が足りずに
キャッシング枠を減額しローン枠を増額してもらった記憶があります。

パソコンがどうゆうものか、「スペック」という言葉も知らなかった小生が
とりあえず購入できる価格で提供してくれたのがGatewayでした。
「取りあえずネットとメールとワードができるパソコン」というオーダーをしたような記憶があります。
パソコンの知識がなかったためかプリンターすら購入せず本体とモニタを購入しました。
購入したGatewayには妙な癖があり、
某メーカーのソフトをインストールすると不安定になるマシンでした。
この記事のタグ:
 
同カテゴリ
 
公  開  順

関連記事

1986年ごろ東京・青山のシナリオ・センターにて受講したシナリオ入門講座の課題作です。
入門講座は週1回の全8回で1回毎に、お題が提供され、初回は原稿2枚、回を重ねる毎に原稿1枚ずつ増えるいう課題です。
今回のお題は【出会い】ペラ原5枚指定。 (>続きを読む)
1986年ごろ東京・青山のシナリオ・センターにて受講したシナリオ入門講座の課題作です。入門講座は週1回の全8回で1回毎に、お題が提供され、初回は原稿2枚、回を重ねる毎に原稿1枚ずつ増えるいう課題です。今回のお題は【別れ】ペラ原8枚指定。 (>続きを読む)
小生にとってパソコンはオールマイティになんでも熟すおもちゃ箱的存在で、
そこそこのスペックがないとフリーズするような使い方をしているのですが余った?
モニター(実は見なくなったテレビ)を活かすべくロースペックで安価なパソコンを購入。 (>続きを読む)
2台目。ワイドモニタとテレビ録画が出来ることに惹かれたものの画像の粗さに
餅は餅屋と実感しながら結局HDDレコーダーを購入するきっかけとなったパソコン。
しかしモニタースピーカーが一体化した事だけでも、小生にとっては衝撃でした。 (>続きを読む)
1986年ごろ東京・青山のシナリオ・センターにて受講したシナリオ入門講座の課題作です。
入門講座は週1回の全8回で1回毎に、お題が提供され、初回は原稿2枚、回を重ねる毎に原稿1枚ずつ増えるいう課題です。
今回のお題は【ラブシーン】ペラ原7枚指定。 (>続きを読む)

スポンサード


コメントはこちらから

* が付いている項目は、必須項目です!

*

トラックバック URL

Top