記事公開日:
カテゴリー:パソコン 結之介の趣味
2台目はFUJITSUの2003年春モデルFMV-C24WCM。先のGatewayマシンと入れ替えで購入。
ワイドモニタとテレビ録画に惹かれたものの、ソフトエンコードで画質が期待したほどではなく
結局HDDレコーダーを購入。やはり、知識が必要と改めて思い知らされました。
小生の記憶が正確かどうかわかりませんが
この機種がテレビチューナー標準装備のパソコンのハシリだったような気がします。
テレビチューナー装備にしてはメモリが256MBでパソコン購入時にメモリを512MBに増設してから
最初の電源を入れました。

基本スペック
シリーズ名 DESKPOWER C 筐体 省スペース
CPU種類 Pentium 4 CPU周波数 2.4GHz
二次キャッシュ容量 512KB 三次キャッシュ容量 -----
コア数 1 コア メモリ容量 256MB
メモリ最大容量 1GB メモリ種類 DDR
ビデオチップ SiS社製 SiS650 Chipset ビデオメモリ 32 MB
モニタ
画面サイズ 17 インチ 解像度 -----
画面タイプ ワイド画面 モニタ接続 デジタル(DVI)
ドライブ
SSD容量 ----- HDD容量 120GB
HDD interface ATA100 HDD回転数 7200 rpm
ハイブリッドHDD ----- 光学ドライブ CD-R/RW/ROM・DVD-R/±RW/RAM
フロッピーディスク -----    
ネットワーク
LAN 10/100Mbps 無線LAN -----
チューナー
アナログ 地上デジタル  -----
BSデジタル  ----- 110度デジタル -----
ソフト
OS Windows XP Home Office Office XP
その他機能
その他の機能 ビデオ入力
ビデオ出力
光デジタル端子
IEEE1394
ワイヤレス操作
   
この記事のタグ:

関連記事

1986年ごろ東京・青山のシナリオ・センターにて受講したシナリオ入門講座の課題作です。
入門講座は週1回の全8回で1回毎に、お題が提供され、初回は原稿2枚、回を重ねる毎に原稿1枚ずつ増えるいう課題です。
今回のお題は【迷っている人 】ペラ原3枚指定。 (>続きを読む)
1986年ごろ東京・青山のシナリオ・センターにて受講したシナリオ入門講座の課題作です。入門講座終え、次の講座に進んだ本科の作品です。お題が提供され、原稿20枚、訳あって発表することなく終わったお題は【ハンカチ】ペラ原20枚指定。 (>続きを読む)
1986年ごろ東京・青山のシナリオ・センターにて受講したシナリオ入門講座の課題作です。
入門講座は週1回の全8回で1回毎に、お題が提供され、初回は原稿2枚、回を重ねる毎に原稿1枚ずつ増えるいう課題です。
今回のお題は【一年後】ペラ原5枚指定。 (>続きを読む)
1986年ごろ東京・青山のシナリオ・センターにて受講したシナリオ入門講座の課題作です。
入門講座は週1回の全8回で1回毎に、お題が提供され、初回は原稿2枚、回を重ねる毎に原稿1枚ずつ増えるいう課題です。
今回のお題は【身辺雑記】ペラ原2枚指定。 (>続きを読む)
1986年ごろ東京・青山のシナリオ・センターにて受講したシナリオ入門講座の課題作です。
入門講座は週1回の全8回で1回毎に、お題が提供され、初回は原稿2枚、回を重ねる毎に原稿1枚ずつ増えるいう課題です。
今回のお題は【イライラする人】ペラ原4枚指定。 (>続きを読む)

スポンサード


コメントはこちらから

* が付いている項目は、必須項目です!

*

トラックバック URL

Top