記事公開日:
カテゴリー:パソコン 結之介の趣味
6台目もドスパラ、DG-CANPCE。
これは、名前の通り500mlの缶を2・3センチ高くしたミニサイズのパソコン。
2017年にしてVHS用に置いてあるテレビ、NHKの受信料を払いたくないがゆえ、アンテナを繋がず、
B-CASカードは廃棄処分して数年電源を入れないままだったので、
このテレビを活かすべく購入したのが今回のDG-CANPCE。
VHSが繋がるテレビといってもHDMI端子もあるので、とりあえず購入。
今となってはYouTubeはもちろんの事、TVer、AbemaTV、日テレNEWS24など、
情報として必要な動画はネットで十分だし、見たいドラマとかは後からでもオンデマンドで購入できるし。
と、動画視聴用に購入したパソコンです。
安価ということもありスペックは高くなく、動画を見るとしてもGoogle Chromeを3枚立ち上げて
同時に動画を見るとイッパイイッパイとい感じですが必要十分に稼働しております。


基本スペック
シリーズ名 Diginnos 筐体 省スペース
CPU種類 Atom x7-Z8700
(Cherry Trail)
CPU周波数 1.6GHz
二次キャッシュ容量 2MB 三次キャッシュ容量
コア数 4コア メモリ容量 4GB
メモリ最大容量 ----- メモリ種類 DDR3L
ビデオチップ Intel HD Graphics ビデオメモリ -----
モニタ
画面サイズ ----- 解像度 -----
画面タイプ ----- モニタ接続 -----
ドライブ
ストレージ容量 eMMC:32GB HDD容量 -----
HDD interface ----- HDD回転数 -----
ハイブリッドHDD ----- 光学ドライブ -----
フロッピーディスク ----- カードリーダー microSD
ネットワーク
LAN ----- 無線LAN IEEE802.11(a,b,g,n,ac)
チューナー
アナログ ----- 地上デジタル  -----
BSデジタル  ----- 110度デジタル -----
ソフト
OS Windows 10 Home 64bit Office -----
その他機能
その他の機能 HDMI端子,Webカメラ
USB3.0
   
この記事のタグ:
同カテゴリ
 
公  開  順
 

関連記事

1986年ごろ東京・青山のシナリオ・センターにて受講したシナリオ入門講座の課題作です。入門講座は週1回の全8回で1回毎に、お題が提供され、初回は原稿2枚、回を重ねる毎に原稿1枚ずつ増えるいう課題です。今回のお題は【別れ】ペラ原8枚指定。 (>続きを読む)
1986年ごろ東京・青山のシナリオ・センターにて受講したシナリオ入門講座の課題作です。入門講座終え、次の講座に進んだ本科の作品です。お題が提供され、原稿20枚、訳あって発表することなく終わったお題は【ハンカチ】ペラ原20枚指定。 (>続きを読む)
1986年ごろ東京・青山のシナリオ・センターにて受講したシナリオ入門講座の課題作です。
入門講座は週1回の全8回で1回毎に、お題が提供され、初回は原稿2枚、回を重ねる毎に原稿1枚ずつ増えるいう課題です。
今回のお題は【出会い】ペラ原5枚指定。 (>続きを読む)
1986年ごろ東京・青山のシナリオ・センターにて受講したシナリオ入門講座の課題作です。
入門講座は週1回の全8回で1回毎に、お題が提供され、初回は原稿2枚、回を重ねる毎に原稿1枚ずつ増えるいう課題です。
今回のお題は【イライラする人】ペラ原4枚指定。 (>続きを読む)
5台目となるパソコンはBTOのドスパラ製「Monarch LE」。
懐事情からCPUは、それなりに。メモリーはガッツリの16GB搭載したカスタムパソコンとなりました。
マルチモニターが前提のためグラボは必須。マルチモニターで作業も楽になりました。 (>続きを読む)

スポンサード


コメントはこちらから

* が付いている項目は、必須項目です!

*

トラックバック URL

Top